適当に生きる - つれづれ -

生きる中で思ったことを適当に綴っています。



メラトニンのサプリメントを購入してみました。

最近、仕事が忙しくあまり寝る時間がありません。

仕事が忙しい時というのは、夜も仕事のことを思い出してしまって、なかなか眠りにつけなかったり夜中に目が覚めてしまったりします。
夜中に目が覚めてしまいまた、再入眠できないことを中途覚醒などというらしいのですが、私の場合、夢を見ている途中に夜中目が覚めてしまって再入眠はすぐにできるのですが、あまり熟睡感が朝ないという状況が続いていました。
寝つきも別に悪くはないのですが。。

そこで先日メラトニンのサプリメントを購入してみました。

メラトニンという物質は、wikipediaによると次のような作用があるようで購入してみることにしました。

日中、強い光を浴びるとメラトニンの分泌は減少し、夜、暗くなってくると分泌量が増える。メラトニンが脈拍・体温・血圧などを低下させることで睡眠の準備が出来たと体が認識し、睡眠に向かわせる作用がある。また朝日を浴びて規則正しく生活することで、メラトニンの分泌する時間や量が調整され、人の持つ体内時計の機能、生体リズムが調整される。そのため不規則な生活や昼間、太陽光を浴びないような生活を続けるとメラトニンがうまく分泌されず、不眠症などの睡眠障害の原因となる。またメラトニンは幼児期(1~5歳)に一番多く分泌され、歳を重ねる毎に分泌量が減っていく。そして歳を取るとメラトニンの分泌量が減るため、眠る時間が短くなる傾向になる。
メラトニン - Wikipedia

私が購入したメラトニンは、
f:id:live_ly:20170515122743p:plain
アドバンスドスリープメラトニン10mg[Natrol社製] 【1本60錠】という商品です。

アドバンスドスリープメラトニン(Natrol)通販 | 睡眠導入・不眠解消 | オオサカ堂


メラトニンはアメリカ食品医薬品局(FDA)によってサプリメントに分類されており、医薬品ではないそうで個人輸入で購入してもそれほど危なくないかなと自己判断して購入してみました。

睡眠薬では、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬が現在は主流なのだそうですが、現在は、ロゼレム錠(ラメルテオン)という睡眠薬が、メラトニンなだそうです。正確にいうと「メラトニン受容体作動薬」というのだそうで、メラトニンと同じような作用する薬が出てきたのだそうです。

あまり個人輸入でメラトニンなどを購入するのは良いことではないのかもしれませんが、お医者さんにいってもどうせ睡眠薬を処方されるのでどうせならメラトニンを1500円くらいで購入してみるかと思った次第です。

以前、内科で睡眠薬を処方していただいたことがあったのですが、初めの頃は効いていたのですがだんだん効かなくなってしまいました。
これは薬に対して耐性(毎日お酒を飲んでいると、お酒にどんどん強く入っていくみたいなものですかね?)ができたということなのだそうですが、お医者さんにいって熟睡できないと言ってもどんどん強い薬を処方されそうでそれだったら、アメリカでサプリメント扱いされているメラトニンを購入すれば良いかなと思い購入しました。

もし、実際に届いた時に飲んでみて効いたら続報をまた報告させていただきます。
みなさんも熟睡したいという気持ちがある際は、メラトニンを飲んでみるのも一つの手かもしれませんね。